2014年8月17日日曜日

C級エルナンデス防衛 ラウンドアップ(IBF版)

■16日ドイツで行われたIBF世界クルーザー級タイトルマッチは、王者ヨアン・パブロ・エルナンデス(キューバ)が同級13位フィラット・アルスラン(ドイツ)に2-1判定勝ちで4度目の防衛に成功。スコアは116-113、115-113、113-115。エルナンデスは胃炎を発症して3月の防衛戦を延期。昨年11月以来の試合は43歳のアルスランに苦戦だった。

シャフィコフ

■IBF世界ライト級挑戦者決定戦が15日米カリフォルニア州で行われ、同級9位デニス・シャフィコフが同級5位ルスタム・ヌガエフとのロシア対決を9回1分16秒TKOで制し、王者ミゲール・バスケス(メキシコ)への挑戦権を獲得。シャフィコフは2月、中国マカオでバスケスに挑戦して判定負けしている。

■IBF世界S・フェザー級王者ランセス・バルテレミー(キューバ)が同級3位フェルナンド・サウセド(アルゼンチン)と初防衛戦。9月27日米国コネチカット州のマシャンタケットで開催と伝えられる。バルテレミーは7月、1月に無効試合とされた前王者アルヘニス・メンデス(ドミニカ共和国)との再戦を制して王者となった。

■IBF世界フライ級王者アムナット・ルエンロエン(タイ)と指名挑戦者マックウィリアムズ・アローヨ(プエルトリコ)の試合はあらたに9月10日、タイのナコンラチャシマにセットされた。アムナットは2度目の防衛戦。