2014年9月28日日曜日

35歳ドロズド、WBCクルーザー級新王者に

 モスクワのもう一つのクルーザー級タイトルマッチ、WBC戦は王者が交代。挑戦者グリゴリー・ドロズド(ロシア=WBA2位)が7度目の防衛戦に臨んだ王者クリストフ・ウロダルチェク(ポーランド)に3-0判定勝ち。プロキャリア13年、35歳でうれしい戴冠を果たした。

 出だしからドロズドが挑戦者らしく手数で優勢に立つ。その後やや手数が減ったドロズドだが8回、王者にダメージを与え、右ストレートでダウンを奪う。以後、回復したウロダルチェクにロシア人が断続的に攻め込む展開で進行。最終回ドロズドはアグレッシブに仕掛け、締めくくった。公式スコアは118-109に119-108が2者と大差で地元のドロズドが支持された。

 以前ホープとして期待されたドロズド(39勝27KO1敗)は06年、フィラット・アルスラン(ドイツ)に5回KO負けで停滞。しかしその後13連勝してこの日の世界初挑戦を実現させた。50勝目を飾れなかったウロダルチェクは7年ぶりの敗戦。49勝35KO3敗1分。Photo/BoxingScene.com