2015年3月8日日曜日

サーマンがゲレロに大差勝ち、WBAウェルター級戦

 米4大ネットワークのひとつNBCが手掛けるプレミアム・ボクシング・チャンピオンズ(PBC)の開幕戦が7日(日本時間8日)米ラスベガスのMGMグランド・ガーデン・アリーナで行われ、メインのWBA世界ウェルター級タイトルマッチは、正規王者キース・サーマン(米)がロバート・ゲレロ(米)を3-0判定で下し、暫定王者時代から数えて4度目の防衛に成功した。スコアは120-107、118-108、118-109。

 サーマンが仕掛け、サウスポーのゲレロがジャブを突きながらカウンターを狙う立ち上がり。イーブンの展開から抜け出したのはサーマンだった。4回に右ストレートをクリーンヒットさせると、中盤はフットワークを使いながらジャブや右を効果的にヒット。9回には右アッパーを打ち込み、ゲレロはガードしているかに見えたが、キャンバスに崩れ落ちた。

 あとのないゲレロは10回から前に出て逆転を狙ったが、サーマンはリングをサークリングしながらカウンターを決めるなど、ゲレロの追撃を許さない。ジャッジは大差でチャンピオンを支持した。サーマンは25勝21KOと無敗をキープ。昨年6月の亀海喜寛(帝拳)以来の試合に敗れたゲレロは32勝18KO3敗1分。

 セミで行われた元3階級制覇王者エイドリアン・ブローナー(米)とジョン・モリナ(米)の一戦は、ブローナーが3-0判定勝ち。スコアは120-109×2、118-110。元世界3階級制覇王者のアブネル・マレス(メキシコ)は同胞のアルツロ・サントスから2回にダウンを奪っての3-0判定勝ち。スコアは96-93、98-91、99-90。