2015年4月11日土曜日

ラミレスがIBFクルーザー級暫定王座獲得

ラミレスがIBFクルーザー級暫定王者に(ボクシングニュース) アルゼンチン、ブエノスアイレス近郊ベナビデスで10日(日本時間11日)行われたIBFクルーザー級暫定王座決定戦はランク4位ビクトル・ラミレス(アルゼンチン)が同3位オラ・アフォラビ(英)に3-0判定勝利。この暫定決定戦は王者ヨアン・パブロ・エルナンデス(キューバ=ドイツ)が負傷でリングから離れていることから挙行された。

 09年にWBO王座に就いた経験があるラミレスはマルコ・フック(ドイツ)に王座を明け渡した後、4年以上のブランクを経て復帰。6連勝してこの日を迎えた。対するロサンゼルス在住ナイジェリア生まれの英国人アラフォビはそのフックとこれまで2敗1分。2度WBO暫定王者に就いた実績がある。

 試合はラミレスが仕掛ける展開で推移。右強打などパワフルなパンチでアラフォビにディフェンスを強いる。身長で勝るアラフォビはアウトから的確なカウンターで挽回。しかし11回、レフェリーは低打でアラフォビに2点減点。公式スコアは116-111に115-111が2者で地元のラミレスを支持した。ラミレスは22勝17KO2敗。アフォラビは21勝10KO4敗4分。