0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2015年6月28日日曜日

注目ヘビー級戦、クリチコvsヒューリーが入札へ

 WBA(世界ボクシング協会)は26日、ヘビー級スーパー王者ウラジミール・クリチコ(ウクライナ)と同級2位タイソン・ヒューリー(英)の指名試合の入札を7月6日(日本時間7日)にパナマのWBA本部で行うと発表した。

 クリチコvsヒューリー戦はイギリスもしくはドイツで今秋の実現の見込みだが、交渉の進捗状況はいまいち。ヒューリー側が10月にイギリスのサッカー場での開催を目ざしたこともあったが、これはサッカーシーズンであることから実現しなかった。そこで今回、WBAの指定した期日までにまとまらなければ入札に持ち込まれることになった。入札になった場合、報酬はクリチコが80パーセント、ヒューリーは20パーセントの取り分にとどまるという。

 WBAのスーパー王座のほかIBF、WBOタイトルも保持するクリチコは4月にニューヨークでブライアント・ジェニングス(米)を明白な判定で下して統一王座を防衛。「次はヒューリーとの指名試合になるだろう」と語っていた。

 ヒューリーはWBAをふくめたメジャー4団体で上位につける選手。24戦全勝(18KO)の実力に加え、身長206センチでサイズにも恵まれている。最強クリチコの相手になる数少ない挑戦者として期待されている。