2015年7月18日土曜日

法大1部残留、早大は3部転落 関東大学ボクシング

 11日に全日程を終了したアマチュアボクシングの関東大学リーグ&トーナメントの入替戦が18日午後神奈川県藤沢市善行の神奈川県立体育センターで行われた。

 1部リーグ最下位の法政大学と2部リーグ優勝の中央大学が最後まで接戦を展開。4-4のタイで迎えた最終戦ミドル級で森脇唯人(法大)が2-1判定で栗栖陸生(中大)をくだし、法大は5-4で中大を制した。これにより、法大は1部残留が決まり、中大の復帰はならず。

 同じ会場で行われた2-3部入替戦は、専修大学が早稲田大学に4-3で勝ち、2部復帰を決めた。早大は3部転落。同じく3-4部入替戦は、東京大学が東海大学に3-2で勝ち、辛くも3部をキープしている。専大、東京大とも結果的に不戦勝が勝負の分け目となった。