0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2015年7月22日水曜日

チュディノフが負傷、坂井祥記が試合

■今週金曜日24日ロンドンのSSEアリーナで予定されたWBA世界S・ミドル級レギュラー王座タイトルマッチは、王者フェドール・チュディノフ(ロシア)が練習中に鼻を負傷。試合は延期になった。挑戦者フランク・ブグリオーニ(英)は同日フェルナンド・カスタネダ(メキシコ)とWBA・S・ミドル級インターコンチネンタル王座決定戦を行うことになった。

■同じ24日メキシコシティで、メキシコを拠点にリングに上がるライト級、坂井祥記が出場する。試合はS・ライト級8回戦で相手はルイス・ウイロット(メキシコ)。メインではメキシコ・S・ウェルター級&WBCラティーノ同級王者グスタボ・ガリバイ(メキシコ)が同国のホスエ・ナポレスと対戦する。

■先週土曜日18日フリオ・セサール・チャベスJrやカール・フランプトンが登場した米エルパソで、ヘビー級ランカー、クリス・アレオーラ(米)がフレッド・カシ(カメルーン)と10回ドロー。WBC王者デオンタイ・ワイルダー(米)挑戦が内定していたが難しくなった。代わりに上位ランカー、ルーカス・ブラウン(豪)が手を上げている。