0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2016年1月20日水曜日

パッキャオ“最終戦” ブラッドリーと記者会見

 引退を公言している元世界6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)とWBO世界ウェルター級王者ティモシー・ブラッドリー(米)の記者会見が19日、ロサンゼルスのビバリーヒルズホテルでスタートした。両者は4月9日、ラスベガスのMGMグランドで対戦する。

 両者は2012年6月、14年4月に対戦して1勝1敗。昨年5月のフロイド・メイウェザー戦以来のリングとなるパッキャオは「引退前にこのような素晴らしい機会を与えてもらって感謝している。私がブラッドリーを選んだのは、彼が以前よりも強くなっていると信じているからだ。実際に前回のブランドン・リオス戦では多くが改善されていた」とコメント。パッキャオの最終戦がブラッドリーとのラバーマッチと発表されると、ファンから失望の声が沸き上がっただけに、ブラッドリーも「私は変わった。過去2戦とは違ったファイトになるだろう」と強調した。

 試合をプロモートするトップランク社の御大ボブ・アラム氏は「これがマニーのラストファイトだという話は知っているが、いまだに信じられない。私はこの場所に何度も立ち、彼を何度も紹介してきた。今回が最後になるかもしれないし、ならないかもしれない。それはマニー次第だ…。彼は我々に素晴らしい試合を、彼が持っているものすべてを提供してくれた。もしこれが本当に最後ならば、マニー、私はすべてに感謝したい」と感傷的だった。Photo/Top Rank