2017年1月3日火曜日

長谷川穂積の後継王者決定戦が2.25英国で内定

 前チャンピオン長谷川穂積の引退、王座返上によるWBC世界S・バンタム級王座決定戦が1位レイ・バルガス(メキシコ=写真右)と2位ギャビン・マクドネル(イギリス=写真左)の間で挙行される。期日は2月25日。英国内で行われる。

 長谷川が引退を発表した時点でバルガス(28勝22KO無敗)のナチョ・ベリスタイン・マネジャー&トレーナーは、このカードの実現を主張。両者のプロモーターの力関係から英国開催は避けられないと語っていた。

 当初、場所はロンドンが有力といわれたが、マクドネル(16勝4KO2分無敗)のプロモーター、マッチルーム・ボクシングのボス、エディ・ハーン・プロモーターはヨークシャー地方のハル・シティのアイス・アリーナで行われるとメディアに明かしている。

 正式発表はまだだが、WBCライト級シルバー戦など前座カードも決まっており、あとはオフィシャル・アナウンスを待つだけの状態。ちなみにマクドネルは亀田和毅(協栄)に2度勝利したWBA世界バンタム級“レギュラー”王者ジェイミー・マクドネルと双生児で弟にあたる。