2017年2月16日木曜日

大平剛が3度目の世界戦、3.1ノックアウトに挑戦

 WBA世界ミニマム級15位の大平剛(花形=写真)が3月1日、タイのチョンブリーでWBA王者ノックアウト・CPフレッシュマート(タイ)に挑戦することが決まった。花形ジムが16日、発表した。

 32歳の元日本王者、サウスポーの大平(13勝1KO5敗3分)は14年12月、IBF・WBO王座決定戦で高山勝成(仲里)に7回TKO負け。昨年3月にはタイでWBC王者ワンヘン・ミナヨーティン(タイ)に5回TKOで敗れており、今回が3度目の世界挑戦となる。

 ノックアウトは14年に暫定王座を獲得し、昨年6月にスーパー王者バイロン・ロハス(ニカラグア)に勝利して正規王者に昇格。14勝6KO無敗。12月には小野心(ワタナベ)に大差判定勝ちして初防衛に成功した。戦績は14勝6KO無敗。

 大平はワンヘンに敗れたあと、昨年12月にタイで再起戦の勝利。3戦連続でタイでのファイトとなる。22日にタイへ出発する予定。