2017年8月11日金曜日

村田諒太が強化合宿、エンダム再戦に向け追い込む

  10月22日両国国技館でWBA世界ミドル級正規王者アッサン・エンダム(仏)との再戦に臨む同級1位の村田諒太(帝拳)が7日から千葉・成田のゴルフ場で走り込み合宿を行っている。11日はメディアにトレーニングが公開された。

「かなりハードに過ごしています」。これが村田の第一声だった。帯同の中村正彦コーチに「前回のキャンプで(エンダムに)勝てなかったんだから、今回はさらにきついぞ」と言われてスタートした合宿。連日、午前5時と午後4時から体力強化のメニューをこなしている。

 村田が「精神的につらくなる」とこぼすほどのキツさだが、それでも今回のキャンプが打倒エンダムに向けて大きな自信となるのは間違いない。アップダウンのコースを走りながら苦しい時には「リマッチに勝つんだ」と強く思い、前に足を運んでいる。「このキャンプがスタートです」と村田。14日に切り上げ、ジムワークに入ればエンダム対策にも着手するという。

 また今回のキャンプには元2階級制覇王者の粟生隆寛も同行している。振り返れば粟生も世界初挑戦はダウンを奪いながらタイトルを獲り逃したが、ダイレクトリマッチで見事雪辱をはたした。「そういう共通点もありますし、発破をかけてくれます」と、村田はゲンのいい先輩の存在をありがたがっていた。