2017年10月8日日曜日

板垣幸司が日本LF級挑戦権獲得、ミハレス9連勝

■日本L・フライ級挑戦者決定戦が8日、広島市のNTTクレドホールで行われ、同級2位の板垣幸司(広島三栄)が1位の小野晃輝(筑豊)に2-1判定勝ち。チャンピオン久田哲也(ハラダ)への挑戦権を獲得した。34歳の板垣は18勝7KO11敗3分。小野は12勝5KO4敗。セミでは日本ミニマム級9位の榮拓海(折尾)が横江健太(駿河男児)に3回1分50秒TKO勝ちした。

■メキシコのカンペチェで行われたイベントに元S・フライ級世界王者で、現WBC・S・フェザー級5位のクリスチャン・ミハレス(メキシコ)が登場。同胞のヘスス・アレバロに10回判定勝ちを収めた。ミハレスは14年3月、WBC世界S・バンタム級王者レオ・サンタクルス(メキシコ=米)に敗れて以降9連勝。戦績は58勝26KO8敗2分。

■同じく元世界S・フライ級王者で37歳のトマス・ロハス(メキシコ)は同国タンピコのリングで同胞のエディワルド・オルテガに7回終了負傷判定負け。再浮上のきっかけをつかめず、戦績は49勝33KO16敗1分。