excite_650x150

excite_650x150

2018年8月6日月曜日

松本亮が9.11再起戦 ベテラン野中悠樹は現役続行

■2月にWBA世界S・バンタム級王者ダニエル・ローマン(米)に挑戦して敗れた松本亮(大橋=写真左)が9月11日、後楽園ホールで再起戦。日本フェザー級8位の佐川遼(三迫)と同級8回戦に臨む。佐川は前戦でランキング入りした新鋭だけに気が抜けない。この日のメインはWBCバンタム級挑戦者決定戦、マーク・ジョン・ヤップ(六島)vs井上拓真(大橋)。

■日本S・ウェルター級王座を2度獲得し、元OPBF同級王者でもある野中悠樹(井岡弘樹=写真右)が8月10日、エディオンアリーナ大阪第2競技場で、タイ・ミドル級王者ナタワット・マサミンと8回戦を行う。40歳の野中は4月、井上岳志(ワールドS)とのIBF2位決定戦敗れて進退が注目されていた。

当日は元OPBF・S・フェザー級王者で3月に2年ぶりに復帰した仲村正男(渥美)が復帰第2戦を行う。メインでは日本S・フライ級王者の久高寛之(仲里)が挑戦者1位の奥本貴之(グリーンツダ)と初防衛戦を行う。

■元日本ウェルター級暫定王者の坂本大輔(角海老宝石)が5日付けで日本ボクシングコミッションに引退届を提出。坂本は先月9日、千葉・習志野高の後輩である越川孝紀(セレス)に敗れた試合がラストファイトになった。