excite_650x150

excite_650x150

2018年11月30日金曜日

WBCスライマン会長が亀田和毅に暫定ベルト授与

 WBCのマウリシオ・スライマン会長が現地時間29日、WBC本部のあるメキシコシティでバンタム級暫定王座を獲得した亀田和毅(協栄)にベルトを授与した。亀田は今月12日、アビゲイル・メディナ(スペイン)との暫定王座決定戦を制し、暫定王座に就いた。

 和毅は15歳で単身メキシコに渡り、アマチュアの大会に出場して、プロデビューもメキシコ。スライマン会長は「WBCのタイトルは和毅にとっても夢だったタイトルであり、我々にとっても誇りです」と和毅をたたえた。

 祝福を受けた和毅は「WBCのチャンピオンベルトの価値を高めるためにも、これから、もっと強くなれるように練習します。アマチュア時代にメキシコで負けている(正規王者)レイ・バルガス選手との王座統一戦が決まれば、必ずリベンジしたいです」とのコメントを発表した。

 和毅の父であり、兄の興毅と大毅も世界チャンピオンに導いた父の史郎さんの功績もたたえられ、WBCから記念品が贈られた。