0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2013年12月7日土曜日

クリス・ジョン敗れる ベチェカ殊勲の勝利

 豪州でビッグサプライズ。同国パースのメトロシティで6日行われたWBA世界フェザー級タイトルマッチは、挑戦者シンピウェ・ベチェカ(南アフリカ)が“スーパーチャンピオン”クリス・ジョン(インドネシア)に6回終了TKO勝ち。現役世界王者で最長在位期間を誇るジョンは19度目の防衛に失敗した。

クリス・ジョン陥落(ボクシングニュース)

崩れ落ちたジョンとダウンを奪ったベチェカ

 アグレッシブに展開するベチェカは4回あたりから優勢を印象づけ、5回一気に攻勢。ジョンはノックダウンをコールされなかったものの、スリップダウンする。6回、挑戦者の猛攻でジョンは2度キャンバスへ落下。そのうちカウントが入ったのは一度だったが、劣勢は明らか。7ラウンド開始ゴングに応じることができなかった。

 長期政権にピリオドを打ったジョンは48勝22KO1敗3分。6年前、日本で長谷川穂積(真正)のWBC世界バンタム級王座に挑戦したベチェカは27勝15KO2敗。「このベルトは彼のために勝ち取った。私にとり意味は大きい。誇りを感じる」と前日の5日、95歳で死去した元南アフリカ大統領ネルソン・マンデラ氏を惜しんでいた。Photo/BoxingScene.com