July
18
Thursday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

28°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 「勝って統一戦を」中谷潤人への刺客はエストラーダに善戦したコルテス 9.18アマプラ興行

「勝って統一戦を」中谷潤人への刺客はエストラーダに善戦したコルテス 9.18アマプラ興行

2023年7月19日 17時34分

 19日、都内のホテルで「Prime Video Presents Live Boxing5」の発表会見が催された。9月18日(月・祝)、有明アリーナで、寺地拳四朗(BMB)&中谷潤人(M.T)のダブル世界戦+那須川天心(帝拳)のプロ2戦目というラインナップ。試合の模様はPrime Videoが独占ライブ配信する。

エストラーダに善戦したコルテスを迎撃――中谷

 5月、ラスベガスでアンドリュー・マロニー(豪)に鮮烈なKO勝ちを収め、WBO世界S・フライ級チャンピオンとなった中谷は、9位のアルヒ・コルテス(メキシコ)の挑戦を受けることに決まった。「ラスベガスでいい試合をして、今回日本でできるのは気持ちが入ります」と、中谷は言う。

 相手のコルテスは28歳、25勝10KO3敗2分のオーソドックス。昨年9月に当時WBCフランチャイズ王座にいたフアン・エストラーダに挑み、7回に奪われたダウンが響いて僅差判定負けしたものの、果敢な右攻撃で大善戦。中谷も標的にする“ガジョ”エストラーダを苦戦させ、名を売った。

 中谷にとって対メキシカンは昨年11月のS・フライ級転向初戦(フランシスコ・ロドリゲスJr)以来3試合目だが、実戦練習を行うロサンゼルスには多くのメキシコ系ボクサーがおり、不慣れではない。「いざ向き合ってみたら速いなと思う選手もいる」(中谷)とのことで、スパーリングでしっかり調整するつもり。

 「コルテスはすごいアグレッシブで、パンチも戦績以上にあると思う」と中谷。そして「なるべく勢いづかせずに、自分のボクシングスタイルに持っていきたい。日本でもいいインパクトを残したい」と意気込んだ。このコルテスはエストラーダとの共通の対戦相手にもなるから、さらに気合が入るのも納得である。

Related article
関連記事