July
20
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

36°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 12.26セミは日本バンタム級戦 王者の堤聖也が穴口一輝とV4戦 平岡アンディ、武居由樹も登場

12.26セミは日本バンタム級戦 王者の堤聖也が穴口一輝とV4戦 平岡アンディ、武居由樹も登場

2023年10月25日 16時33分

 12月26日に有明アリーナで行われる井上尚弥(大橋)とマーロン・タパレス(フィリピン)によるS・バンタム級4団体統一戦のアンダーカードも25日、発表された。

12.26出陣の左から平岡、堤、武居

 セミは井上尚弥バンタム級4団体統一記念モンスタートーナメントの決勝で、日本バンタム級王者の堤聖也(角海老宝石)が同級3位の穴口一輝(真正)を迎え撃つ。

 WBA3位、WBC10位、IBF6位、WBO15位にランクされる堤(9勝7KO2敗)は来年の世界挑戦を虎視眈々と狙っている。賞金1000万円とともに来年への足掛かりをつかみたい。デビューから無敗の新鋭、穴口(6勝2KO)は堤のランキングを一気に奪いにかかる。

 S・ライト級で世界を狙うIBF10位の平岡アンディ(22勝17KO)はセバスチャン・ディアス(メキシコ=18勝13KO6敗1分)と8回戦。

 東洋太平洋S・バンタム級王者で元K-1王者の武居由樹(大橋=7勝7KO)はマリオ・ディアス(メキシコ=21勝9KO6敗)は54.5キロ契約8回戦。日本ユースL・フライ級王者の坂間叶夢(ワールドS)はジョン・ポール・ガブニラス(フィリピン=10勝7KO2敗)と49.5キロ契約8回戦を行う。と

■12.26有明アリーナ(Leminoで無料ライブ配信)
◇WBA&WBC&IBF&WBO世界S・バンタム級王座統一戦
WBC&WBO王者 井上尚弥(大橋)×WBA&IBF王者マーロン・タパレス(比)

◇日本バンタム級タイトル戦(モンスタートーナメント決勝)
王者 堤聖也(角海老宝石)×挑戦者 穴口一輝(真正)

◇S・ライト級8回戦
平岡アンディ(大橋)×セバスチャン・ディアス(メキシコ)

◇54.5キロ契約8回戦
武居由樹(大橋)×マリオ・ディアス(メキシコ)

◇49.5キロ契約8回戦
坂間叶夢(ワールドS)×ジョン・ポール・ガブニラス(比)

Related article
関連記事