July
20
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

26°C Thunderstorm
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 木村吉光と坂晃典が元王者対決 井岡一翔の前座で東洋太平洋S・フェザー級王座決定戦

木村吉光と坂晃典が元王者対決 井岡一翔の前座で東洋太平洋S・フェザー級王座決定戦

2023年11月27日 13時09分

 元WBAアジアパシフィック王者の木村吉光(志成)と元日本王者の坂晃典(仲里)が大みそか、東京・大田区総合体育館で東洋太平洋S・フェザー級王座決定戦を行う。志成ジムが27日、都内で記者会見を開いて発表した。当日のメインはWBO・S・フライ級王者、井岡一翔(志)の防衛戦。イベントの模様はABEMAでライブ配信される。第1試合開始は16時50分の予定。

会見した木村

 両選手は21年12月、空位の東洋太平洋王座をかけて対戦。木村が日本王者だった坂を3回TKOで下して王座に就いた。その後、木村は王座を返上。今回は6月に森武蔵(志成)が渡邊卓也(DANGAN)との決定戦に勝利して返上した王座を争う。

 今年1月、力石政法(緑)に敗れてWBOアジアパシフィック王座を失った木村(15勝10KO3敗1分)は「8月に試合(再起戦)からちょっとスタイルを変えているので、2年前とはまったく違うところを見せられると思う」と自信のコメント。「力石さんが世界で待っていると言ってくれたので、力石さんと再戦したい」と語り、世界王者を狙う力石と世界タイトルマッチでの再戦を目標に掲げた。

 坂(22勝19KO7敗)は4月、日本王座の3度目の防衛戦で原優奈(真正)に4回TKO負けで王座陥落。今回は再起戦でタイトルマッチのチャンスをつかんだ。

 リモートで会見に参加した坂は「一度チャンスをいただいて負けている選手と再戦できるということで、必ず勝って次に進めるようにと思っている」と決意表明。勝敗のポイントに「集中力」を掲げた。

■12.31「LIFETIME BOXING FIGHTS18」(大田区総合体育館)
◇WBA・S・フライ級タイトルマッチ
王者井岡一翔(志成)×挑戦者ホスベル・ペレス(ベネズエラ)

◇バンタム級10回戦
比嘉大吾(志成)×ナワポーン・カイカンハー(タイ)

◇フェザー級10回戦
堤駿斗(志成)×ルイス・モンシオン・ベンチャーラ(ドミニカ共和国)

◇東洋太平洋S・フェザー級タイトルマッチ
木村吉光(志成)×坂晃典(仲里)

◇S・フライ級8回戦 
重里侃太朗(志成)×ダナイ・ギアッブプーキアオ(タイ)

◇ウェルター級6回戦
浦嶋将之(角海老宝石)×松野晃汰(神奈川渥美)

◇50.5キロ4回戦
吉村響(DANGAN越谷)×藤岡冬志也(花形)

Related article
関連記事