February
29
Thursday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

6°C Rain
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 吉田実代が代役チャンスで2階級制覇の快挙 IBF女子バンタム級王者に

吉田実代が代役チャンスで2階級制覇の快挙 IBF女子バンタム級王者に

2023年12月10日 12時00分

 IBF女子バンタム級タイトルマッチが9日(日本時間10日)、米サンフランシスコのチェイス・センターで行われ、元WBO・S・フライ級王者の吉田実代が王者エバニー・ブリッジズ(豪)に3-0判定勝ち。2階級制覇を達成した。スコアは99-91×2、97-93。

昨年11月に米国移住会見をした吉田。右は三迫会長

 “戦うシングルマザー”吉田がアメリカで大仕事をやってのけた。初回から持ち前の馬力で前に出てペースをつかむと、7回にはパンチをまとめて王者を追い詰める。フルラウンドの攻防を終え、文句なしの判定勝ちを収めた。35歳の吉田は17勝4敗。37歳のブリッジズは9勝4KO2敗。

 吉田は昨年5月、小澤遥生に敗れてWBO・S・フライ級王座を奪われたあと、活動の拠点をニューヨークに移した。4月のアメリカ第1戦に勝利したものの、11月7日の第2戦は黒星だった。

 今回の試合はブリッジズの対戦相手がけがで急きょ試合をキャンセル。2週間前にオファーを受けた吉田は試合間隔1カ月でピンチヒッターを引き受け、見事ホームランという結果を残した。

Related article
関連記事