July
13
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

30°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > WBC・S・フェザー級王者フォスター「世界にショック与える」 あさってNYでノバとV2戦

WBC・S・フェザー級王者フォスター「世界にショック与える」 あさってNYでノバとV2戦

2024年2月15日 10時30分

 あさって16日(日本時間17日)ニューヨーク、マジソンスクエアガーデンのザ・シアターでゴングが鳴るWBC・S・フェザー級タイトルマッチの会見が14日開催された。2度目の防衛戦を迎える王者オシャキー・フォスター(米)と世界王座初挑戦となるWBC12位アブラハム・ノバ(米)が意気込みを語った。

王者フォスター(左)と挑戦者ノバ

 フォスター(21勝12KO2敗)は前回10月のエドゥアルド“ロッキー”エルナンデス(メキシコ)とのV1戦が年間最高試合級の激闘になった。「クレイジーな試合だった。我々は世界にショックを与えた。試合後、みんな私のことを“ショック”と呼ぶ。その流れを継続したい」と好ファイトを約束。そして「ジムですべての準備を完了した。試合を支配してみせる」と結んだ。

 一方ノバ(23勝16KO1敗)は前WBOフェザー級王者ロベイシー・ラミレス(キューバ)に一撃KO負け後2連勝して念願の挑戦が決定。ゴールドのアゴひげがトレードマークのプエルトリコ系は「世界タイトル挑戦の夢が叶った。このチャンスをみすみす逃しくない」と発言。続けて「すべてにおいてスイッチが入っている。それをアジャストしながら勝利をつかむ」とベルト奪取を誓った。

 セミではトップランク傘下のS・フェザー級アンドレス・コルテス(米=WBC28位)が同級WBO4位ブライアン・シェバリエ(プエルトリコ)と10回戦。また同じくトップランクにサポートされるフェザー級ホープ、ブルース:シューシュー“カーリントン(米)がバーナード・トーレス(フィリピン)と10回戦で対戦する。Photo by Mikey Williams/Top Rank

Related article
関連記事