May
25
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

22°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 山崎初回RSC負け 女子アジア選手権、箕輪勝つ

山崎初回RSC負け 女子アジア選手権、箕輪勝つ

2012年3月23日 9時03分

モンゴルのウランバートルで開催中のアマチュアボクシング、第6回女子アジア選手権大会でタレントの“しずちゃん”こと山崎静代(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)が22日のミドル級準々決勝に出場したが、韓国の16歳の高校生、金シンヒョンに初回RSC負けを喫した。
 相手の金とは昨年韓国に練習に出かけた際スパーで手合わせしており、カウントを聞かせている。これに勝てばメダル獲得が確定するが、その夢はあっさり破られた。金の右を直撃されフラついたところでカウントをとられ、試合再開後の追撃でたちまちレフェリー・ストップがかかった。山崎はすでに5月の世界選手権出場権を得ているが、ベスト8入りしてロンドン五輪出場権をゲットする見通しは厳しくなった。
 この日は期待のフライ級箕輪綾子(フローリスト蘭)も登場し、カザフスタンのザイナ・シェケルベコワに19-10でポイント勝ちしメダル確定。世界選手権出場するための最低条件をクリアした箕輪の次は、準々決勝で世界選手権の覇者レン・カンカンと対戦する。
 なおライト級の釘宮智子(平成国際大)は、22日出場予定がなぜか急に1日繰り上がり、21日に出場したが、キム・へヨン(北朝鮮)に8-16でポイント負けしメダル獲得ならず。

Related article
関連記事