June
14
Friday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

23°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 名城世界奪還ならず ロハスに判定負け        WBC世界S・フライ級戦

名城世界奪還ならず ロハスに判定負け        WBC世界S・フライ級戦

2011年2月6日 0時34分

 WBC世界S・フライ級タイトルマッチは5日夜大阪府立体育会館第一競技場で行われたが、王者トマス・ロハス(メキシコ)が挑戦者で前WBA王者の名城信男(六島)に3-0判定勝ちし、初防衛を果たした。
試合は名城が前に出てロハスがさばく、予想どおりの展開。序盤からロハスがうまい迎撃でポイントを稼ぎ、8回には偶然のバッティングで負傷しなかった名城がWBCルールにより減点される。終盤は集中力を欠いたロハスに迫りもしたが、結局名城は116-111、116-113、114-113のスコアで敗れ、WBCで世界返り咲きの夢を絶たれた。写真はロハス(左)と名城の相打ちシーン。
Related article
関連記事