May
25
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

22°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 「体格の差はない」ロマチェンコが公開練習

「体格の差はない」ロマチェンコが公開練習

2017年11月30日 11時46分

 12月9日ニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデンのザ・シアターでギジェルモ・リゴンドウ(キューバ=写真右)との対戦を控えたワシル・ロマチェンコ(ウクライナ=写真左)が28日(日本時間29日)ロサンゼルス西部のオクスナード市にあるロバート・ガルシア・ボクシングジムでメディア向けに練習を公開した。

 試合は五輪連続金メダリスト対決として話題を集め、発売からわずかでチケットが完売。WBO世界S・フェザー級王者ロマチェンコにWBA世界S・バンタム級“スーパー”王者リゴンドウが挑戦する。

 今回がV5戦となるロマチェンコ(29)はこの日、柔軟、シャドー、サンドバッグ&スピードボール打ちなど通常のメニューを披露。「コンディションはグレート。今週が調整の最後の週で日曜日(12月3日)ニューヨークへ移動する。試合は興味深いものになると同時に滑稽なものになるかもしれない。なぜならリゴンドウはとても退屈な選手で、私は試合をつくらなけれならないからね。それ(試合)に変化をつけるのは私になる」とコメント。

 そして「試合前日はゆっくり寝て、食べて、水分を補給して、作戦に集中したい。12月9日の後、我々のどちらがベターなスタイルの持ち主か皆さんお分かりになるでしょう」と勝利を確信した余裕の言葉も聞かれた。

 メディアの囲み取材ではサイズ(体格)に関する質問があり、「彼は小さくないし、私はそれほど大きくない。たぶん身長が少し高いだけだろう。でも私は同じサイズだと思っている。ニューヨークの会見の時、初めてそれが判明する」と語り、リゴンドウとの体格差が大きいという風潮を否定した。

 またリゴンドウ側が試合当日朝の再計量をリクエストした件に関しても「連絡を受けた時、考える間もなくOKと答えたよ」と発言。「契約では向こうの要求にすべて応じた」と明かした。

Related article
関連記事