February
23
Friday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

3°C Rain
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > フランプトンvsドネアはWBO暫定王座決定戦に

フランプトンvsドネアはWBO暫定王座決定戦に

2018年3月23日 12時46分

 4月21日、英国北アイルランド・ベルファストのSSEアリーナでゴングとなるカール・フランプトン(英)vsノニト・ドネア(フィリピン)の元王者同士によるフェザー級12回戦がWBO同級暫定王座決定戦として挙行される運びとなった。プロモーターのフランク・ウォーレン氏が22日発表した。

 WBOフェザー級王者オスカル・バルデス(メキシコ=米)は今月10日、スコット・クイッグ(英)を3-0判定で下し4度目の防衛に成功したが、試合は激戦となり、バルデスはアゴを骨折。復帰に時間がかかると予測されるため、WBOが暫定王座戦を認定した。

 フランプトンvsドネアの勝者がバルデスに挑戦する設定となるが、元2階級制覇のフランプトンは5月19日予定されるIBFフェザー級王者リー・セルビーvsジョシュ・ウォーリントンの英国人対決の勝者にも挑戦を希望している。

 一方ドネアは16年11月、ジェシー・マグダレノ(米)に惜敗してWBO世界S・バンタム級王座から転落。昨年トップランク社と別れ元GBPの重役リチャード・シェーファー氏と契約。再起戦を飾り、フランプトン戦に真の復活をかける。

Related article
関連記事