June
14
Friday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

25°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 嶋田雄大引退式

嶋田雄大引退式

2013年4月22日 20時30分

 4月22日、後楽園ホールで行われたヨネクラジムの興行で、元日本ライト級王者で世界タイトルに2度挑戦した嶋田雄大の引退式が行われた。

テンゴングを聞く嶋田

 白いスーツ姿でリングに上がった嶋田は「15歳のときマイク・タイソンにあこがれて世界チャンピオンになろうと思った。世界チャンピオンにはなれなかったけれど、世界チャンピオンになると本気で思って25年間生きてきたことを誇りに思う。将来はジムを開きたい」とあいさつ。引退の十点鐘を聞いた。

 嶋田は1997年にプロデビュー。02年に3度目の挑戦で日本タイトルを獲得。5度防衛後にタイトルを返上し、08年にエドウィン・バレロ(ベネズエラ=故人)、09年には敵地でパウルス・モーゼス(ナミビア)の持つ世界タイトルに挑んだが、いずれも勝利はならなかった。ラストファイトは昨年8月の東洋タイ太平洋タイトルマッチ。41歳の誕生日まで戦い続けた。

Related article
関連記事