日本語

Home > ニュース > 新人王戦 来年からデビュー戦でも出場可 
冤罪訴える袴田巌さんの記事をリング誌が掲載

WOWOWO井上

WOWOWO井上
ニュース

2020年11月18日 水曜日

新人王戦 来年からデビュー戦でも出場可 
冤罪訴える袴田巌さんの記事をリング誌が掲載

 東日本ボクシング協会は18日、オンラインで理事会を開き、12月20日に開催する東日本新人王決勝の対応などを協議した。

 例年より4ヶ月遅れでスタートした東日本新人王は準決勝まで終わり、12月20日に後楽園ホールで決勝が行われる。新型コロナウイルス感染の第3波がきていることから、協会ではチケットの一般販売はせず、出場ジムのチケット購入枚数にも制限を設けることを確認した。

 また、新人王の出場資格の一つとなっているプロ1戦以上という項目を来年度は撤廃し、デビュー戦から新人王に出場できるようにルールを改正した。

 コロナ関連では今月3日の世界戦がコロナ感染で中止になったワタナベジムの渡辺均会長が理事会に出席して経緯を説明。協会によるとこの日の理事会とは別に、検査を複数回行う案がJBC的にも可能であればズームでない形とプロモーターで検討されているという。

 JBCは神奈川県内の加盟ジムで新たにプロ選手1人がPCR検査で陽性反応を受けたことを発表した。

 また、冤罪を訴えていまだ法廷闘争中の元プロボクサー、袴田巌さんの記事がリング誌ウェブ版に掲載されたことも報告された。リング誌の特派員が袴田さんの元まで取材に出かけて記事を書いた。アジアのルービン“ハリケーン”カーターと紹介されている。


Related

関連記事