March
03
Sunday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

6°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > マルティネス6回TKO勝ち WBCフライ級V3

マルティネス6回TKO勝ち WBCフライ級V3

2021年6月27日 16時03分

 メキシコのグアダラハラでマッチルーム・ボクシングとカネロ・プロモーションズが開催したイベントのメインで行われたWBC世界フライ級タイトルマッチは、王者フリオ・セサール・マルティネス(メキシコ=写真)が同国のホエル・コルドバに6回1分TKO勝ち。決定戦で獲得したベルトの3度目の防衛に成功した。

 スタートから豪快なスウィングを繰り出すマルティネスは時おりサウスポーにスイッチしながらコルドバに圧力をかける。この日まで12勝3KO3敗1分のコルドバだが、勇敢にパンチを返して対抗し会場を沸かせる。

 しかし6回、攻め込んだマルティネスのスウィング気味の左アッパーが命中。たまらず挑戦者はコーナーに崩れる。カウント後、左右連打で襲いかかった王者にコルドバはロープを背に防戦。なおもマルティネスが連打を浴びせるレフェリーが割って入った。

 8ヵ月ぶりの登場となった中谷潤人(M.T=WBO王者)のライバル王者マルティネスは18勝14KO1敗。

 同じリングで行われたWBA・L・フライ級暫定王座戦は、王者ダニエル・マテヨン(キューバ)がホセ・アルグメド(メキシコ)に3-0判定勝ち。スコアは117-111、115-113×2。またIBF・S・ライト級11位ガブリエル・バレンスエラ(メキシコ)が同国のフアン・オクラに7回2分10秒TKO勝ちでIBFインターナショナル王座を防衛した。Photo by SUMIO YAMADA

■フライ級世界王者
WBA アルテム・ダラキアン(ウクライナ)
WBC フリオ・セサール・マルティネス(メキシコ)
WBC暫定 マックウィリアムズ・アローヨ(プエルトリコ)
IBF サニー・エドワーズ(英)
WBO 中谷潤人(M.T)

Related article
関連記事