日本語

Home > ニュース > カネロvs .ゴロフキン PPV購買全世界で106万件 通算購買件数は歴代4位に
ニュース

2022年9月23日 金曜日

カネロvs .ゴロフキン PPV購買全世界で106万件 通算購買件数は歴代4位に

 先週土曜日17日、ラスベガスで行われたカネロ・アルバレス(メキシコ)vs.ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)のS・ミドル級4団体統一タイトルマッチのPPV購買件数が世界的に106万件に達した。中継したスポーツ動画配信DAZNが22日、伝えた。

 今回の第3戦の前に行われた両者の第1戦は全米で30万件、翌18年の第2戦は110万件の購買件数をマーク。いずれも有料チャンネルのHBPがPPV中継した。米国メディアによると、第3戦の米国のみの購買件数は60万~65万件にとどまり予想を下回った。試合はゴロフキンの母国カザフスタン、カネロの母国メキシコ、他のラテンアメリカの国々を除く地域にDAZNがPPV中継した。

 カネロは今回の106万件を加算すると、キャリアでPPV購買件数の合計が1000万件を突破。これはフロイド・メイウェザー、マニー・パッキャオ、オスカー・デラホーヤに続く功績となった。

 米国メディアは今後PPV購買数が100万件を超えるそうなカードとしてジェルボンテ・デービスvs.ライアン・ガルシア、エロール・スペンスJrvs.テレンス・クロフォードなどを挙げている。Photo by SUMIO YAMADA

Related

関連記事