June
15
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

21°C Rain
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > ヘビー級3団体統一王者ウシク WBAがデュボア戦指令も目指すはフューリー戦

ヘビー級3団体統一王者ウシク WBAがデュボア戦指令も目指すはフューリー戦

2022年12月17日 9時55分

 ヘビー級で3団体のベルトを保持するオレクサンドル・ウシク(ウクライナ=写真)とWBC王者タイソン・フューリー(英)の4団体統一戦の行方に注目が集まっている。WBAはこのほどウシクに“正規”王者ダニエル・デュボア(英)との対戦をオーダーしたが、ウシクのトレーナーは「フューリー戦の妨げにはならない」との見解を示した。

 トレーナーのセルゲイ・ラパン氏はベガスインサイダーに「関係するすべてのプロモーターがヘビー級でベストを決める戦いをできるだけ早く実現するよう取り組んでいる」と4団体統一戦に向けて地ならしを進めていると説明。その上で、「デュボア戦は交渉が決裂した場合のバックアップ計画になる」との見通しを示した。

 ウシクはIBFからフィリップ・フルコビッチ(クロアチア)との指名試合もオーダーされており、フルコビッチ擁するマッチルームボクシングはウシクとフルコビッチの試合実現に意欲的だと報じられた。一方、WBOの暫定王者ジョー・ジョイス(英)も正規王座を狙っている。

 フューリーは今月3日にデレク・チゾラ(英)を下してWBC王座の防衛に成功。試合後、エプロンに上がったウシクとフェイスオフした。この試合でフューリーが右拳を負傷したとも報じられており、今後のヘビー級戦線はまだまだ混沌としそうだ。Photo by SUMIO YAMADA

Related article
関連記事