0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2014年5月18日日曜日

ナルバエス、2階級で10連続防衛達成

 WBO世界S・フライ級王者のオマール・ナルバエス(アルゼンチン)が17日(日本時間18日)、同国コルドバ州ヴィラ・マリアで挑戦者アントニオ・ガルシア(メキシコ)を4回KOで下し、10度目の防衛に成功した。ナルバエスは同フライ級タイトルを16度防衛しており、2階級で10度以上防衛という、メジャー団体初の快挙を達成した。

 38歳のベテラン王者が20歳の若き挑戦者を粉砕した。サウスポーのナルバエスは初回からジャブを軸に左につなぐセオリー通りのボクシングでペースを掌握。ガルシアはボディ攻めから試合を作ろうとするが、百戦錬磨のチャンピオンを慌てさせることができなかった。完全に試合を支配したナルバエスは4回にガルシアを捕獲。ボディショットから左をテンプルに打ち込など攻勢をかけ、ガルシアをノックアウトした。KOタイムは4回3分ちょうど。

 記録達成のナルバエスはこれで3連続KO防衛に成功。戦績を42勝23KO1敗2分とした。体重超過で勝ってもタイトルを手にできなかったガルシアは13勝6KO2敗。