2014年7月24日木曜日

ヒューリー、チゾラの代役ウスティノフと対戦

 試合直前になってデレク・チゾラ(英)の負傷により宙に浮いていたタイソン・ヒューリー(英)の対戦相手が急きょ決定。時間と場所は変わらず、26日マンチェスターのフォンズ4Uアリーナでアレクサンデル・ウスティノフ(ロシア)と対戦することになった。

 注目のヘビー級英国トップ対決はチゾラの骨折で試合まで1週間を切った段階で延期に。当初はホープ食いのベテラン、トニー・トンプソン(米)の名前が代役として挙がっていたが、白羽の矢が立ったのは、ヒューリー戦に向けてチゾラのスパーリングパートナーを務め、チゾラが拳を負傷する原因を作ったウスティノフだった。

 IBFヘビー級8位、WBA同級9位にランクされるウスティノフは29勝21KO1敗の37歳。ヒューリーより身長は5センチほど低いが、それでも2メートルあり体重300ポンド(136キロ)の巨漢だ。唯一の敗北は12年6月、この9月にウラジミール・クリチコ(ウクライナ)に挑戦するクブラット・プレフ(ブルガリア)に喫したもの。昨年11月には敵地で古豪デビッド・トゥア(ニュージーランド)に判定勝ちを収めている。ピンチヒッターとはいえ、22勝16KO無敗のヒューリーにとって気の抜けない一戦となりそうだ。