2014年9月27日土曜日

ゴロフキン&ドネア10.18カーソン、チケット完売

 10月18日ロサンゼルス近郊カーソンのスタブハブ・センターで予定される2タイトルマッチが人気を呼んでいる。メインのWBA世界ミドル級タイトルマッチ、ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)vsマルコ・アントニオ・ルビオ(メキシコ)、もう一つのWBA世界フェザー級タイトルマッチ、ノニト・ドネア(フィリピン)vsニコラス・ウォータース(ジャマイカ)ともファンの観戦意欲を刺激する好カード。主催のひとつゴロフキンをサポートするK2プロモーションのマネジング・ディレクター、トム・ルーファー氏によると、チケットはソールドアウト(完売)になったという。

 このため会場と協議し、324席分のチケットを追加発売。値段は53ドル(約6000円)でこれも早期売り切れが予想される。イベントのキャッチフレーズは“メキシカン・スタイル”。プロモーターはK2プロのほか、GGGプロモーション、メキシコのプエブロ・プロモーションの共同開催となる。