2014年11月2日日曜日

WBO年次総会、年間最優秀ボクサーにコバレフ選出

 ラスベガスのシーザーズ・パレスで開催されたWBOの年次総会は最終日の31日、年間表彰選手および関係者を選出、表彰した。年間最優秀ボクサーはライトヘビー級王者のセルゲイ・コバレフ(ロシア)が選ばれた。3度の印象的な防衛戦が対象となり、来週土曜日8日、バーナード・ホプキンス(米)との統一戦を控えたコバレフに代わり、代理人が受賞した。

 年間最高試合はテレンス・クロフォード(米)vsユリオルキス・ガンボア(キューバ)のライト級タイトルマッチ。「もっとも未来が輝いている選手」には、フェザー級王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)が選ばれた。また女子MVPにはバンタム級王者のカロリナ・デュエル(アルゼンチン)。WBO王座10度防衛が評価された。一方、年間プロモーター賞はトップランク社に決まった。

 セレモニーでは今年、国際ボクシング名誉の殿堂入りを果たしたオスカー・デラホーヤとジョー・カルザギの元チャンピオンが特別賞を受賞。イベントの最後を飾った。来年2015年の総会は米フロリダ州オーランドで予定される。