0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2015年3月1日日曜日

ヒューリーTKO勝利、クリチコ挑戦へ前進

 28日(日本時間1日)ロンドンのO2アリーナでメインに登場したWBOヘビー級1位タイソン・ヒューリー(英)が同3位クリスチャン・ハンマー(ルーマニア)を8回TKOで下し、WBOヘビー級インターナショナル王座を守った。

 左右にスイッチしながら対峙する205センチの巨人ヒューリーは3回、強烈な右を叩き込んでリード。5回、右で倒したヒューリーは8回、ハンマーをコーナーへ送り猛攻。アッパーがヒットしたところで、ハンマー・コーナーからタオルが投入された。

 24勝18KO無敗となったヒューリーは「次はクリチコだ」と宣言。「ここ3、4年はとても長く感じたけど、私はより進化したボクサーになった」と意欲を明かしている。ドイツ在住のハンマーは17勝10KO4敗。

 同じ興行のセミで行われたWBAミドル級暫定王座戦は、挑戦者11位クリス・ユーバンクJr(英)が王者ディミトリ・チュディノフ(ロシア)に12回TKO勝利。再起戦でベルト奪取となった。

 前半はチュディノフが優勢に進めた。中盤ほぼ互角の攻防の後、10回に優勢に立ったユーバンクが最終回、一気に勝負をかけストップに持ち込んだ。TKOタイムは2分11秒。

 前戦でライバルのビリー・ジョー・サンダース(英)に敗れ初黒星を喫したユーバンク(19勝14KO1敗)は暫定ながら一足先に王者へ到達。初黒星のチュディノフは14勝9KO1敗2分。