0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2015年8月27日木曜日

ニエテスの米国デビュー、相手はメキシカン

ニエテスがV5(ボクシングニュース)■10月17日、米カリフォルニア州カーソンのスタブハブ・センターで防衛戦と米国デビューを予定するWBO世界L・フライ級王者ドニー・ニエテス(フィリピン=写真)の挑戦者がWBC5位フアン“チュンキー”アレホ(メキシコ)に決まった。アレホ(21勝13KO3敗)は南部オアハカ州出身だが、北部モンテレーでリングに上がっている。

■元S・バンタム級とS・フェザー級で世界王者に就いたジョアン・グスマン(ドミニカ共和国)が現役引退を表明した。グスマン(39)は昨年10月米ナッシュビルでリングで勝利を収めたのが最終戦となる。スラッガーからテクニシャンに転身したが、体重オーバーなどトラブルメーカーだった。34勝21KO1敗1分1無効試合。

■体重オーバーでWBA世界フェザー級王座を失ったニコラス・ウォータース(ジャマイカ)と無冠ながらいまだにビッグネームのユリオスキス・ガンボア(キューバ)の対決をボブ・アラム・プロモーターが計画。ウエートはS・フェザー級に設定される見込み。今年末に実現させたいという。

■前WBC・S・バンタム級シルバー王者のアンドレス・グティエレス(メキシコ)が今後フェザー級で世界を目指す方針を固めた。7月、フィリピン選手に判定勝ちしたグティエレス(32勝22KO1分無敗)は9月19日メキシコシティ近郊でレスター・メドラノ(ニカラグア)と転向2戦目を行う。