0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2015年9月20日日曜日

山中慎介 V9戦、モレノ撃破でバンタム最強証明へ

 WBC世界バンタム級タイトルマッチの調印式と記者会見が20日、東京・九段下のホテルグランドパレスで開かれ、チャンピオンの山中慎介(帝拳)と挑戦者の同級2位アンセルモ・モレノ(パナマ)が意気込みを語った。試合は22日、大田区総合体育館で行われる。

 試合まであと2日に迫り、決戦に向けての緊張感が高まってきた。一撃必殺の左ストレートを武器に、防衛テープを8まで伸ばした山中と、WBAタイトルを12度防衛したバンタム級屈指の実力者モレノ。マイクを握った山中は「ここ最近では一番の挑戦者を迎えることができた。自分がバンタム級のトップと思われるような試合をしたい」と決意表明した。

 調印式では、モレノが用意された青色のグローブを拒否し、山中と同じ黒色のグローブを要求した。「黒は私に幸運をもたらしてくれる色だ」というモレノの説明はよくわからなかったが、チャンピオン陣営は二つ返事でこれを了承。どうせ倒すのだから小さなことにはこだわらない、と言わんばかりの態度で応じた。

 そのディフェンスマスターぶりから“幽霊”の異名を持つモレノが相手だけに「前半はそう簡単には当たらない」(浜田剛史代表)という展開が予想される。山中自身、も「そう簡単に当たるような相手じゃないでしょうけど」と前置きしつつ「当たれば倒れる」と力強く言い切った。

 試合のチケットは既に完売し、ファンもこの一戦に高い関心を寄せている。試合の模様は日本テレビ系列で当日午後7時から放映される。