0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2016年7月24日日曜日

ラウンドアップ 坂井祥紀がメキシコシティで試合

■メキシコを拠点にリングに上がるライト級選手、坂井祥紀(兵庫県出身=25歳)が8月6日メキシコシティの格闘技の殿堂アレナ・コリセオで10回戦に出場する。名将ナチョ・ベリスタイン氏の指導を受ける坂井はこれまで21勝13KO5敗。相手のルイス・ビダレス(メキシコ)は“コット”のニックネームをもつ27歳。現メキシコS・ライト級王者で元WBCミニマム級王者イサック・ブストスがトレーナー。同日のメインはWBCライト級2位ダンテ・ハルドン(メキシコ)と同国のネリー・サギランのWBCインターナショナル・シルバー・ライト級戦。

■各階級で指名試合のオーダーが続くWBAがS・ウェルター級暫定王者ジャック・クルカイ(ドイツ)に前WBO王者デメトゥリアス・アンドラーデ(米)と対戦するよう通達。バンタム級暫定王者ザナト・ザキヤノフ(カザフスタン)にはランク2位リボリオ・ソリス(ベネズエラ)と対戦するよう命じた。リオ五輪最終予選出場を取り止めたソリスは今月16日パナマでフレディ・ベレーニョ(ベネズエラ)に判定勝ち。山中慎介戦からの再起2戦目を飾っている。

■スペインのマドリードで23日行われた欧州S・ライト級戦は王者ルーベン・ニエト(スペイン=WBC13位)が同国のニコラス・ゴンサレスと激戦を展開。7回TKO勝ちで王座を守った。同じリングではWBAウェルター級5位ケルマン・レハラガ(スペイン)がフランシスコ・コリデロ(コロンビア)に3回TKO勝ち。