2017年5月21日日曜日

ラッセル7回TKO勝ち、ロマチェンコを追跡

 20日(日本時間21日)地元メリーランド州のリングに立ったWBC世界フェザー王者ゲーリー・ラッセル(米)が挑戦者で暫定王者のオスカル・エスカンドン(コロンビア)に7回59秒TKO勝ち。15年、ジョニー・ゴンサレス(メキシコ)をストップして獲得した王座の2度目の防衛に成功した。

 同州オークソンヒルのMGMナショナル・ハーバーに発表で2345人の観衆を集めた一戦、サウスポーからクイックなパンチを浴びせるラッセルがリード。3回、右フックでエスカンドンをキャンバスに送る。ここを打ち返して凌いだコロンビア人は5回、ボディーを集中砲火して反撃した。

 しかし6回、ラッセルは打ち合いでボディー、顔面に強打を見舞いフィニッシュのお膳立てをする。続く7回、左クロス、右フックでエスカンドンをロープへ飛ばしたラッセルが2度目のダウンをゲット。コロンビア人は起き上がったが、ダメージが深く、レフェリーがストップをかけた。

「ロマチェンコをノックアウトする」

 試合後エスカンドンの勇敢さを称えたラッセルは「ロマチェンコのことが頭から離れない。ファンのためでもメディアにためでもなく、自分のために彼と再戦したい。私を彼を最初にノックアウトする選手になる」とコメント。

 同時に対抗王者のレオ・サンタクルス(WBAスーパー)、オスカル・バルデス(WBO)、リー・セルビー(IBF)との統一戦にも意欲的な発言をした。ラッセル(28)は27勝16KO1敗。エスカンドン(32)は25勝17KO3敗。