②excite_650x150_b

②excite_650x150_b

2017年8月2日水曜日

V5王者の井岡一翔、WBAが無敗1位と指名戦オーダー

 WBAはフライ級チャンピオンの井岡一翔(井岡=写真)と同級1位アルテム・ダラキアン(ウクライナ)に対し、指名試合の対戦交渉に入るよう指示した。交渉期限は7月31日から30日間で、交渉が成立しない場合は入札が行われる。WBAが1日、ホームページ上で明らかにした。

 既に世界3階級を制している井岡(22勝13KO1敗)は昨年12月にスタンプ・キャットニワット(タイ)と指名防衛戦を行って勝利。今年4月にノクノイ・シットプラサート(タイ)を下して5度目の防衛に成功した。

 ダラキアンはアゼルバイジャン生まれウクライナに居住する29歳。アマチュア経験をへてプロ入りし、WBAインターナショナル王座、WBAコンチネンタル王座などを獲得。ボックスレクによるとここまで15戦はすべてウクライナ国内で試合をしており、15勝11KOで無敗をキープしている。

 フライ級は5月い比嘉大吾(白井・具志堅S)がWBC王座を獲得し、先月28日は木村翔(青木)が中国でゾウ・シミン(中)を下すアップセットを演じてWBO王座に就いた。両雄とも井岡との対戦に意欲を見せているだけに、交渉の行方が注目される。