0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2019年4月11日木曜日

ロマチェンコが3団体統一に意欲 今週末クローラ戦

 ライト級のWBAスーパー&WBO統一王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)と元WBA同級王者の挑戦者アンソニー・クローラ(英)が10日(日本時間11日)、ロサンゼルス市内で記者会見した。試合は12日(同13日)、同地のステープルズ・センターでゴングとなる。

王者ロマチェンコ(左)と番狂わせを狙うクローラ

 最も優れた現役ボクサーとの呼び声高い“ハイテク”ロマチェンコが2年ぶりにロサンゼルスに登場。会見では「クローラはディフェンシブなスタイル。そのディフェンスを崩すことがカギになる。私はアグレッシブに攻めて、たくさんのパンチを打ち込まなければならない」と決意を口にした。

 WBC同級王者マイキー・ガルシアとの対戦については「みんなそれを聞くけど、彼は135ポンド(ライト級)を作れるのか? もし作れるなら私は準備ができている」と発言。ウェルター級に進出してIBF王者エロール・スペンスJr(米)にキャリア初黒星を喫したガルシアに疑問の目を向けた。

 4団体統一を目指すロマチェンコはこの試合に勝てば、次戦でIBF同級王者リチャード・コミー(ガーナ)との統一戦など、さまざまな選択肢が考えられる。

 元王者のクローラは16年5月、ホルヘ・リナレス(帝拳=ベネズエラ)に王座を奪われて以来の返り咲きを狙う。不利が予想される中、「私のキャリアで最も重要な試合になる。リングにすべてを置いてくる用意ができている」と抱負を語った。

 試合はロマチェンコを将来のターゲットにしているWBO世界S・フェザー級王者の伊藤雅雪も観戦予定。試合の模様は13日(土)午前11時からWOWOWで生中継される。Photo: Mikey Williams /Top Rank