日本語

Home > ニュース > はじめの一歩30周年記念フェザー級T開催 
森川ジョージ会長「KOの多い大会に」
ニュース

2019年4月26日 金曜日

はじめの一歩30周年記念フェザー級T開催 
森川ジョージ会長「KOの多い大会に」

 JBスポーツジムの会長でボクシング漫画『はじめの一歩』の作者である森川ジョージ会長と、DANGANの古澤将太プロモーターが26日、東京都足立区のJBスポーツジムで記者会見を開き、A級ボクサー8人による『はじめの一歩30周年記念フェザー級トーナメント』の開催を発表した。

森川会長(右)と古澤プロモーター

 週刊少年マガジンで連載中の『はじめの一歩』はコミックスの累計発行部数が9400万部に達し、今年でスタートから30周年を迎える。主人公の幕之内一歩の主戦場がフェザー級であることは言うまでもないだろう。

 古澤プロモーターは「(抜群の影響力を誇る)はじめの一歩の冠をつけてより広く、多くの人にボクシングに興味を持ってもらい、ボクシングを盛り上げるきっかけにしたい」と大会の趣旨を説明した。

 森川会長は「ぼくの時代はA級トーナメントが盛り上がっていてすごく好きだった。漫画でもトーナメントは一番盛り上がる」とDANGANの要請を快諾。「最近は世界タイトルマッチ中心の興行が多い。ピラミッドの底辺にも人が集まるようにしたい」とも語った。

 優勝賞金は100万円で、試合会場でアニメ『はじめの一歩』の曲を流したり、ホール向かいの展示場で『一歩祭り』的なイベントを開催したり、会場が『はじめの一歩』の世界に包まれるような演出を企画・考案中だ。

 出場資格はA級ボクサーであること。予選が8月27日、準決勝が11月19日、決勝が来年2月を予定。森川会長は「もらえる賞金分はお客さんを楽しませる、というガツガツした人に出てほしい」とA級ボクサーに出場を呼び掛けた。申し込みはDANGANまで。締め切りは6月10日。

Related

関連記事