0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2013年12月5日木曜日

ライトヘビー級ダブルタイトルは130万世帯が視聴

アドニス・スティーブンソン(ボクシングニュース)

スティーブンソン×ベリュー/SUMIO YAMADA

 強打の競演で沸かせた先週土曜日11月30日カナダ・ケベックシティで行われたL・ヘビー級2試合の視聴件数が全米で130万5000件に達したことがわかった。ニールセン・メディア・リサーチが調査し、放映したHBOが発表したもので、コンスタントに100万台を超える最近の同局の試合でも高い数字だった。

 瞬間最高値はメインのアドニス・スティーブンソン×トニー・ベリューのWBC戦で、135万8000件。先に放送されたセルゲイ・コバレフ×イスマイル・シラクのWBO戦も2ラウンドKOに終わったにもかかわらず、125万件をマークした。8月の王座を奪取したネイザン・クレバーリー戦は36万7000件だっただけに大きくアップ。

 もっともこれはスティーブンソンの人気によるところも大きい。WBC王者は戴冠したチャド・ドウソンで100万件、V1のタボリス・クラウド戦で117万7000件と、そのハードパンチャーぶりで確実にファンを獲得している。

 一方、1週間前に挙行されたマカオのパッキアオ×リオス戦のPPV購買数に関する発表はまだ行われていない。