July
18
Thursday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

28°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 6月MVPは日本S・フライ級新王者の高山涼深 保田克也が敢闘賞 新鋭賞は神足茂利&小川寛樹

6月MVPは日本S・フライ級新王者の高山涼深 保田克也が敢闘賞 新鋭賞は神足茂利&小川寛樹

2023年7月11日 16時05分

 東日本ボクシング協会月間賞選考委員会は11日、6月の月間三賞を発表した。最優秀選手賞には日本S・フライ級王座を獲得した高山涼深(ワタナベ)が選ばれた。

左から渡辺さん、高山、小口トレーナー

 高山は13日、川浦龍生(三迫)と空位の日本王座を争って4回TKO勝ち。デビューから無傷の6連勝(5KO)で日本タイトルを獲得した試合が評価された。高山は90年代のスター、渡辺雄二さんの甥。

判定勝ちで王座獲得の保田(右)

 敢闘賞に輝いたのは保田克也(大橋)。保田は3日、アピチェット・ペッチマネー(タイ)とWBOアジアパシフィック・ライト級王座決定戦に臨み、苦しみながらもフルラウンド戦い抜いて12回判定勝ちした。

 新鋭賞は神足茂利(M.T)と小川寛樹(帝拳)の2選手。神足はタイトル挑戦経験もある日本S・フェザー級7位の中川兼玄(角海老宝石)に7回TKO勝ち、初の日本ランキング入りを果たした。小川はバンタム級8回戦で田中湧也(大橋)とのホープ対決を制した。

Related article
関連記事