March
03
Sunday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

6°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > recommend > 稀に見る激闘! 堤聖也が日本バンタム級V4 穴口一輝からダウン4度 

稀に見る激闘! 堤聖也が日本バンタム級V4 穴口一輝からダウン4度 

2023年12月26日 20時04分

 有明アリーナのセミで行われた日本バンタム級戦兼モンスタートーナメント決勝戦は、王者堤聖也(角海老宝石)と挑戦者3位の穴口一輝(真正)が稀に見る激闘を繰り広げ、計4度のダウンを奪った堤が3-0判定勝ち。タイトル4度目の防衛に成功し、トーナメント優勝賞金1000万円を手にした。スコアは94-92が2者に95-91。

驚異的な勝負強さを見せた堤(最終回のダウン)

 サウスポー穴口に対し堤がプレッシャーをかけて追う、まずは予想通りのスタートを切ったタイトルマッチ。最初のアクシデントは3回、両者脚を止めての打ち合いとなり、ここで堤が左マブタを深くカットした。増田陸(帝拳)戦で負った箇所とは異なるものの、傷はざっくりと深く、場内モニターを観た観客がどよめく。

 序盤からボクシングが冴えた穴口だが、4回終了間際、堤の左ロングをよけそこない追撃でダウンを喫する。それでも5回は強気に打ち合い、6回再びアウトボクシングに徹するなど憎い試合運び。前半を終えて途中スコアは48-46が2者に47-47で穴口がリードしていた。

 それでも堤はめげない。7回も激しく出、しつこく打ち続け、右ストレートで2度目のダウンをマーク。穴口はここでも立ち上がり、またも流れを引き寄せにかかる。ところが9回、今度は右でふらつき、王者の追撃でみたびキャンバスに。

ダウン以外はすばらしいボクシングを見せた穴口㊨

 これを獲ったほうが勝ちという最終回だったが、このラウンドは穴口が頑張ってリードしていたかに見えた。しかし最後の最後まで分からない。ラスト10秒の拍子木が鳴って堤の逆ワンツーで穴口4度目のダウンだ。穴口が立ち上がったところで終了ゴングが鳴った。

 激闘を制した堤は「3ラウンド目に切って負けるかと思ったが、石原トレーナーの言葉が力になった。穴口選手は強くてびっくりした」と率直に語った。「アメカジボクサー堤聖也、来年世界獲ります。待ってろ世界」と叫んだ。優勝賞金を当て込んで古着を200万円分購入済みで「取り戻せてよかった」と安どしていた。

Related article
関連記事