July
20
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

25°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > ヘイニーvs.ガルシア前座でWBA・S・フライ級暫定王座決定戦 “スクラッピー”ラミレスvs.ヒメネス

ヘイニーvs.ガルシア前座でWBA・S・フライ級暫定王座決定戦 “スクラッピー”ラミレスvs.ヒメネス

2024年4月4日 11時50分

 4月20日ニューヨークのバークレイズ・センターで開催されるデビン・ヘイニー(米)vs.ライアン・ガルシア(米)のWBC・S・ライト級タイトルマッチのアンダーカードで、井岡一翔(志成)が王者に君臨するWBA・S・フライ級の暫定王座決定戦が行われることになった。プロモーターのゴールデンボーイ・プロモーションズ(GBP)が3日、発表した。

 カードはWBA・S・フライ級1位ジョン“スクラッピー”ラミレス(米)vs同7位ダビ・ヒメネス(コスタリカ)。

 GBPにプロモートされるラミレス(13勝9KO無敗)は昨年10月、挑戦者決定戦に勝って井岡の指名挑戦者にノミネートされている。ショーマンシップあふれる好戦的なパンチャーで、米国軽量級期待の一人に台頭している。

 ヒメネス(15勝11KO1敗)は昨年1月、WBAフライ級王者だったアルテム・ダラキアン(ウクライナ)に挑戦し、判定負けしたものの接戦を演じている。その後3連勝2KO、ラミレス戦が2度目の米国登場になる。

 同じく前座カードではGBP傘下に加入したWBO・S・ライト級1位アーノルド・バルボサ(米)が同級8位ショーン・マッコブ(アイルランド)と10回戦。S・ミドル級ランカー、ベクテミル・メリクジエフ(ウズベキスタン)がWBAインターナショナル王座の防衛戦。またWBC・S・ウェルター級1位チャールズ・コンウェル(米)がGBPとの契約第1戦を行う。

Related article
関連記事