日本語

Home > ニュース > ダウン挽回 ソリマン番狂わせでシュトゥルム下す
ニュース

2013年2月3日 日曜日

ダウン挽回 ソリマン番狂わせでシュトゥルム下す

 

 ドイツのデュッセルドルフで1日挙行されたIBFミドル級挑戦者決定戦は、IBF1位サム・ソリマン(豪)が前WBAチャンピオン、フェリックス・シュトゥルム(ドイツ)に小差ながら3-0判定勝ち。2日前に防衛に成功した王者ダニエル・ゲール(豪)へのオフィシャル・チャレンジャーへ名乗りを上げた。

 初回、好調なスタートを切ったシュトゥルムは2回、右で倒す。ダメージを被ったソリマンだが、ここで仕留められなかったのがドイツ人には響いた。回復したソリマンは中盤、僅差のラウンドを連取。8回、再びチャンスをつかんだシュトゥルムだが、39歳のソリマンの士気は衰えず終了。スコアは116-111、114-113が2者で豪州人を支持した。

 

 日本で10年前、鈴木悟らと対戦しているソリマンは43勝17KO11敗。ゲール戦に続く連敗のシュトゥルムは37勝16KO4敗2分。リングサイドではシュトゥルムを支持する声もあリ、最近、運に見放されている印象だ。

Related

関連記事