April
21
Sunday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

17°C Rain
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 袴田巌さんに再審無罪判決を、八重樫東がアピール

袴田巌さんに再審無罪判決を、八重樫東がアピール

2014年9月23日 19時10分

 元プロボクサーで死刑判決を受けた袴田巌さんを支援する「袴田事件は終わっていない! 9.23再審無罪を勝ち取る全国集会」が23日、東京・文京区民センターで開かれ、前WBC世界フライ級チャンピオンの八重樫東(大橋)が袴田さんの無罪獲得をアピールした。

袴田さんに無罪判決を、八重樫東がアピール(ボクシングニュース)
集会でアピールする八重樫(右)と新田会長

 集会にはボクシング界から八重樫のほか、日本プロボクシング協会袴田巌支援委員会の新田渉世委員長、真部豊副委員長らが出席。新田委員長と壇上に上がった八重樫は「この前の試合で見事に負けてしまいましたが、今日はこの場でこれからも戦い続けるという思いを伝えにきました」とあいさつ。その上で「袴田さんの戦いもまだ終わっていない。袴田さんに後楽園ホールで試合を見てもらえるよう、自分もがんばりたいと思う」と集まった人たちに訴えた。

 新田会長は、4月に亡くなったルービン“ハリケーン”カーター氏のマネジャーに、日本ボクシング協会から感謝状を贈ったことを報告。冤罪で20年の獄中生活を余儀なくされた元ミドル級世界ランカーのカーター氏は、袴田さんの支援活動にもカナダから協力してくれたため、協会はカーター氏を長くサポートしたマネジャーのジョン・アーティス氏に仲介者を通じて感謝状を渡した。

 静岡地裁は今年3月、再審開始と袴田さんの釈放を決定したが、検察側がこれを不服として東京高裁に特別抗告。そのため裁判はまだ続いており、袴田さんの無罪は確定していない。3月に東京拘置所を出て姉の秀子さんと暮らしていた袴田さんは、8月下旬に体調を崩して入院。2度の手術を乗り越え、今月中にも退院する見込みだという。

Related article
関連記事