April
19
Friday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

17°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 野中悠樹がチャーリー太田と12.28防衛戦

野中悠樹がチャーリー太田と12.28防衛戦

2014年11月10日 21時48分

 日本S・ウェルター級王者の野中悠樹(渥美)が12月28日、大阪市住吉区民センターで同級1位のチャーリー太田(八王子中屋)と初防衛戦を行うことが決まった。主催の六島ジム、枝川孝会長が10日、大阪市西成区の渥美ジムで発表した。

野中悠樹がチャーリー太田と防衛戦(ボクシングニュース)
初防衛戦が決まった野中(右)と再起の仲村

 野中は細川貴之(六島)の日本タイトル返上で、長島謙吾(角海老宝石)と8月10日、王座決定戦を戦い判定勝ち。4年9ヶ月ぶりにベルトを奪回した。しかし、この試合で左こぶしを骨折、2ヶ月間治療に専念した。現在はほぼ完治し、サンドバッグやミット打ちをできる状態となった。

 相手のチャーリーは33歳で、元日本、OPBFのS・ウェルター級王者。24勝16KO2敗1分の戦績が示すとおり、最強の挑戦者といえる。それだけに37歳・野中は「チャーリーは国内ナンバーワンの相手だと思っている。勝って国内最強を証明、世界ランキングを上げて、世界王者への道筋をつけたい」と意欲十分。治療期間中はたっぷり走り込んでおり、「パンチ力も巧さもある相手だが、惑わされず、自分のペースで戦いたい」と語った。

 野中の防衛戦のセミで相手未定だが、IBF世界S・フェザー級15位の仲村正男(渥美)もリングに上がる予定だ。7月30日、伊藤雅雪(伴流)に痛恨の判定負けを喫してからの復帰戦。再度世界を目指すためには最高のリスタートを切りたいところだ。会見に同席した仲村は「まだ自分に甘いとことがあった。一流を目指し、死ぬ気でがんばる」と決意を語った。このほかS・バンタム級8回戦で高田小次郎(六島)-菊池永太(真正)、ストロング小林祐樹(六島)-丹羽賢史(グリーンツダ)などのカードも予定されている。

Related article
関連記事