May
29
Wednesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

19°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 井上拓真、中澤奨らがOPBFランクイン

井上拓真、中澤奨らがOPBFランクイン

2014年12月2日 15時13分

井上拓真
 OPBF東洋太平洋11月度最新ランキングが発表された。世界ランカーでもある井上拓真(大橋)がフライ級1位にランクされたほか、ミニマム級の華井玄樹(岐阜ヨコゼキ)が11位に、S・バンタム級で中澤奨(大阪帝拳)が12位に入るなど、フレッシュな顔ぶれを中心に数多くの日本勢がランク入りした。

中澤奨
 フライ級はなかがまひょうぶ(白井・具志堅S)に勝利した福本雄基(三迫)が14位に。バンタム級はランカー撃破の松岡輝(大成)が13位に入った。フェザー級は林翔太(畑中)が7位、久々のリング復帰でいきなり上野則之(RK蒲田)を下した高山和徳(野口)が8位、橋本和樹(真正)が15位となった。

 S・フライ級はアーサー・ビラヌエバ(比)のタイトル返上で王座が空位に。5位ルサリー・サモール(タイ)と30日に王座決定戦を争う松本亮(大橋)がバンタム級からS・フライ級3位となった。

 クルーザー級は前王者デビッド・アロウア(ニュージーランド)を下したアンソニー・マクラッケン(豪州)が王座に就いた。

Related article
関連記事