0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2015年3月5日木曜日

シュトゥルム、S・ミドル級でWBA暫定王座挑戦

 元WBA世界ミドル級“スーパー”王者など世界タイトルを4度獲得しているフェリックス・シュトゥルム(ドイツ)が5月9日、ドイツのフランクフルトでWBA・S・ミドル級暫定王者フェドール・チュディノフ(ロシア)に挑戦することになった。

 シュトゥルムは当初、ジャーメイン・テイラー(米)の王座はく奪で空位となったIBFミドル級王座決定戦への出場を打診されたが、S・ミドル級に転向するため、これを断った。36歳のシュトゥルムは「チュディノフは優れた才能を持ち、技術もパンチ力もあるボクサーだが、私はドイツにベルトを持ち帰るつもりだ」と現地メディアにコメントしている。シュトゥルムは昨年11月、同胞の元WBA世界S・ミドル級王者ロバート・スティグリッツと引き分けて以来の試合となる。

 チュディノフは昨年12月、ベン・マックローチ(豪)を豪快な右で沈め、2回KO勝利で暫定王座を獲得した。12勝10KOと無敗をキープし、年齢もまだ27歳。WBAミドル級暫定王者のディミトリ・デュディノフは実の兄で、兄弟そろって暫定王者の肩書きを持つ。